お知らせ

  1. HOME
  2.   〉  お知らせ一覧
  3.   〉  お知らせ
  4.   〉  【重要】SSL3.0の脆弱性に関する対応について

【重要】SSL3.0の脆弱性に関する対応について

いつも大阪ガスLPGをご愛顧いただきまことにありがとうございます。 

この度、インターネット通信で使用する暗号化方式「SSL3.0」において脆弱性が発見されたことが報じられたことを受け、当ホームページにおきましてもお客さまの個人情報保護の観点から「SSL3.0」の利用を停止いたしました。
この影響により、お客さまのご利用のブラウザやセキュリティ設定によっては当ホームページのサービスが利用できなくなる場合がございます。
SSL通信を使用するページ(URLが「https」で始まるページ)が閲覧できない場合は、ブラウザの設定を、TLS1.0以降の通信方式を使用できるように設定していただく必要があります。
なお、TLS1.0以降の通信方式に対応できない一部の携帯電話等ではSSL通信を使用するページを使用してお問い合わせできませんので、フリーダイヤルにお電話ください。 

対象サービス

  • 資料請求
  • 料金関係
  • 開栓
  • 閉栓
  • ガス設備調査日・メータ取替日の変更

対応について

対象サービスをご利用いただくためには、ご利用のブラウザの「TLS1.0」、「TLS1.1」、「TLS1.2」を有効にしていただく必要があります。


Microsoft Internet Explorerの場合

  1. 1. Internet Explorerの「ツール」メニューの「インターネットオプション」をクリックします。
  2. 2. 「インターネットオプション」の「詳細設定」タブをクリックします。
  3. 3. 「詳細設定」の中の「SSL2.0を使用する」「SSL3.0を使用する」のチェックボックスをオフにし「TLS1.0を使用する」のチェックボックスをオンにし、「適用」をクリックします。

Google Chromeの場合

最新のバージョンでは脆弱性に対応済みのため最新のブラウザにアップデートしてください。


FireFoxの場合

FireFoxは次期バージョンからデフォルトでSSL3.0を無効化すると発表しています。

  • その他のブラウザをご利用の場合は、開発元にご確認いただきますようお願いいたします。

参考情報

ページトップへ