料金のご案内

ガス料金の計算方法

  1. HOME
  2.   〉  料金のご案内
  3.   〉  ガス料金の計算方法

ガス料金は「基本料金」と「従量料金」から成り立っています。
ガス料金の計算方法は、税込価格をもとにした計算方法です(計算結果の円未満は切り捨てます)。料金表は、税込金額にて表示いたします。

料金計算方法

  • 大阪ガスLPG会員サイト「ハートン倶楽部」または「ご使用量のお知らせ」(検針票)にて料金・使用量をご確認ください。
  • ガス料金のお支払いは「クレジットカードによるお支払い」「口座振替によるお支払い」がございます。

ガス料金の調整(原料費調整制度)

「原料費調整制度」は、為替レートや原料価格の変動により、平均原料価格が基準原料価格に対して上昇あるいは下落した場合に、その変動幅に応じて原料費調整額を見直す制度です。

個別供給方式、70戸未満の住宅団地・マンション等にお住いの方
(液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律適用のお客さま)

1. 原料費調整額単価の見直し方法

  1. 1)基準原料価格は、当社で定めた原料価格といたします。
  2. 2)原料価格が基準原料価格に対して上昇または下落した場合は、その変動幅に応じて、原料費調整額単価を見直しいたします。

2. 適用される原料費調整額のお知らせ

毎月適用される原料費調整額は、「ガス使用量のお知らせ」(検針時)等でお知らせいたします。

70戸以上の住宅団地・マンション等にお住いの方
(ガス事業法適用のお客さま)

1.原料費調整額単価の見直し方法

  1. 1) 基準原料価格は、各団地の料金認可、または、届出時期によって定められています。
  2. 2)平均原料価格が基準原料価格に対して上昇または下落した場合は、その変動幅に応じて、原料費調整額単価を見直しいたします。
  3. 3)平均原料価格が基準原料価格の160%をこえた場合は、基準原料価格の160%の価格を平均原料価格とみなして、原料費調整額を見直しいたします。
○ 平均原料価格の算定方法

 平均原料価格は料金適用月の5~3ヶ月前の3ヶ月間の原料価格の平均を用いて算定します。

2.適用される原料費調整額のお知らせ

毎月適用される原料費調整額は、「ガス使用量のお知らせ」(検針時)等でお知らせいたします。

延滞利息制度

「延滞利息制度」は、ガス料金のお支払いが支払期限日を経過した場合に、その経過日数に応じて1日あたり0.0274%(年率約10%)の率で算定した延滞利息をいただく制度です。検針日の翌日から30日目が支払期限日となります。
ただし、検針日の翌日から50日以内に支払われた場合は、延滞利息はいただきません。

日割り計算

ガスのご使用日数が以下の場合、基本料金は1ヶ月を30日として日割り計算を行い、ご請求いたします。

  1. 1)ガスのご使用を開始された方
    ガスのご使用を開始した日から最初の検針日までが29日以下または36日以上の場合
  2. 2)ガスのご使用を中止された方
    検針日の翌日から、ガスのご使用を中止した日までが29日以下または36日以上の場合
  3. 3)ガスを継続してご使用の方
    検針日の翌日から、次回検針日までが24日以下または36日以上の場合

日割り計算の例

1)ガスのご使用を開始された方
ガスのご使用を開始した日から最初の検針日までが29日以下または36日以上の場合

2) ガスのご使用を中止された方
検針日の翌日から、ガスのご使用を中止した日までが29日以下または36日以上の場合

3) ガスを継続してご使用の方
検針日の翌日から、次回検針日までが24日以下または36日以上の場合

よくあるご質問

ページトップへ

この内容に関するお問い合わせはこちら

ガスに関する緊急のお問い合わせ 24時間受付

料金や使用量をチェックできる会員様サービス。節約・省エネにも!ハートン倶楽部