お客さまサポート

給湯器の設置について

  1. HOME
  2.   〉  お客さまサポート
  3.   〉  給湯器の設置について

屋外設置用の機器は絶対に囲わないでください

屋外設置用機器を波板やトタンなどで囲むと新鮮な空気が不足して、不完全燃焼になります。
一酸化炭素中毒をおこし、死亡事故につながる場合がありますので、絶対に囲まないでください。
増改築工事などで排気筒を取り外したり、給排気設備をシートなどで覆ったりする場合は、ガス機器を使用しないでください。

排気筒をときどきチェックしてください

排気筒に不備があると不完全燃焼による一酸化炭素中毒をおこし、死亡事故につながる場合がありますので、以下の箇所をチェックしてください。

  1. 1. 鳥の巣やクモの巣
  2. 2. 腐食・穴あき・はがれ
  3. 3. 排気ガスのあふれ
  4. 4. 使用中の不快なにおい

上記のような現象があれば、すぐにガス機器のご使用をやめ、ガス会社へご連絡ください。

この他、煙突が途中から細くなっている、給排気部分にすき間がある(煙突のないBF式風呂がまを屋内に設置している場合)などの場合も危険ですので、すぐにガスのご使用をおやめください。

給排気設備には守らなければならない基準があります

屋内にあるガス風呂がまやガス湯沸器などは、法令により有効な給排気設備の取付けが義務づけられており、それらの給排気筒工事を行うには、国で定められた資格が必要です。

ページトップへ

この内容に関するお問い合わせはこちら

ガスに関する緊急のお問い合わせ 24時間受付

料金や使用量をチェックできる会員様サービス。節約・省エネにも!ハートン倶楽部