お客さまサポート

電気が消えた時の対応方法(停電)

  1. HOME
  2.   〉  お客さまサポート
  3.   〉  電気を安全にご利用いただくために
  4.   〉  電気が消えた時の対応方法(停電)

まずご自宅の周囲の状況をご確認ください。

停電がご自宅だけの場合

ご自宅にあるブレーカー(分電盤)のご確認をお願いいたします。

ブレーカー(分電盤)のご確認

ひと部屋だけ電気が消えた時

回路ブレーカーが下りていないか確かめる

  1. 1.回路ブレーカーが下りていないかお確かめください。

下りていた場合、電気が消えた部屋でコンセントからプラグを抜き、使用中の電気製品の数を減らす

  1. 2.回路ブレーカーが下りていた場合、電気が消えた部屋でコンセントからプラグを抜き、ご使用になる電気製品の数を減らしてください。

下りている回路ブレーカーを上げる

  1. 3.下りている回路ブレーカーを上げると電気はつきます。

電気の使いすぎが主な原因です。

配線の増設などについてお近くの電気工事店にご相談ください。

家中の電気が消えた時

メインブレーカーがまん中の位置で止まっていた場合、黄色(または白色)のボタンを押してからブレーカーをすべて下す

  1. 1.メインブレーカーがまん中の位置で止まっていた場合、黄色(または白色)のボタンを押してからブレーカーをすべて下ろしてください。

    ※ メインブレーカーがまん中の位置で止まらず下までおりている場合もあります。

メインブレーカーを上げ、回路ブレーカーをひとつずつ上げる

  1. 2.メインブレーカーを上げ、回路ブレーカーをひとつずつ上げていきます。

回路ブレーカーを上げた時、メインブレーカーが中間の位置で止ったら、漏電している可能性があります

  1. 3.回路ブレーカーを上げた時、メインブレーカーが中間の位置で止ったら、その回路ブレーカーは漏電している可能性があります。

漏電している回路ブレーカーは下ろしたままの状態にしておきく

  1. 4.漏電している回路はお使いになれません。
    その回路ブレーカーは下ろしたままの状態にしておきます。

漏電している部分以外の回路は、2の操作で使用できます

  1. 5.漏電している部分以外の回路は、2の操作でお使いいただけます。

漏電が主な原因です。

※電気の使いすぎが原因の場合もあります。
配線回路の点検が必要ですので、お近くの電気工事店にご相談ください。

メインブレーカーのスイッチが入っている状態なのに、
家中すべての電気が消えた場合
メインブレーカーのスイッチが入っている状態で家中すべての電気が消えた場合は、
お客さまのお宅まで電気をお送りできていない可能性がございます。
お近くの一般送配電事業者(関西電力)の営業所へご連絡ください。

ご近所のお宅も停電している場合

一般送配電事業者(関西電力)のホームページで停電情報をご確認ください。

ページトップへ

この内容に関するお問い合わせはこちら

ガスに関する緊急のお問い合わせ 24時間受付

料金や使用量をチェックできる会員様サービス。節約・省エネにも!ハートン倶楽部